HOME
2015/07/19
■ダンプダクト・バックロードホーン(Damp-Duct Back-Loaded Horn)設計のツボ----小口径フルレンジ対応版----


■ダンプダクト・バックロードホーンの特徴(※聴感でのイメージです)
・ホーン特有のクセ(ボーボー感、特定帯域の共鳴等)を減少させることが出来ます。
・周波数特性のアバレ(凸凹)の減少。(→f特のフラット化)
・クロス周波数以下の全域で音圧レベル上昇(設計次第で20Hzまでほぼリニアに上昇します)
・低域の量感とキレが共にアップするので、駆動力の弱いユニットでも躍動感のある低域が再現できます。
・中高音の漏れの減少。
・全域において質感が向上。
・既存のバックロード箱に後付け可能。
・BHの鳴りっぷりが一歩〜二歩後退。
・BH特有の開放感、突き抜け感の減少。

【ホーン開口部におけるダンプダクト有無の特性変化】-参考資料
アンプのブリュームを固定しての測定。
上記の特性はクロスオーバー周波数220Hzくらいの箱ですが、100Hz以下で平均5dBくらい上昇、100Hz〜500Hzでピーク、ディップの量が減ってフラットに。
聴感でもクセが少なくなったように感じます。

【ダンプダクト有無でのインピーダンス特性】
-参考資料
再生帯域がローエンド方向に拡大するのに伴い、インピーダンスの山、谷も低域方向にシフトします。
インピーダンスの山の数は同じでバランスも大きな変化は無し、バックロードホーンとして機能しているようです。


■設計のポイント
・空気室(リットル)=ユニット振動板面積(cu)÷25
ユニットの駆動力が弱い場合は大きめの空気室、駆動力が強い場合は小さ目が良い感じです。

・スロート面積(cu)=振動板面積(cu)×0.7〜1.0
駆動力の弱いユニットは狭め、強いユニットは広めが良さそう。
ホーンのクロスオーバー周波数[スロート面積(cu)÷空気室容積(リットル)×10]は150Hz〜300Hz位を目安にすると良いでしょう。
※ダンプダクトはクロスオーバー周波数を下げる効果もあります→中高音の漏れの減少

・ホーン長=1.0〜2.0(m)
箱サイズとの絡みもありますが、ホーン長は好みの長さでOK。
長いほうが低域を出しやすくなりますが、長ければ良いというものでもありません。
ダンプダクト効果で低域レベルが上昇するので、低域レンジ拡大目的で長くする必要はありません。

・ホーン開口面積(cu)=ユニット振動板面積(cu)×3.0〜6.0

・ダンプダクト面積(cu)=振動板面積(cu)×1.5(1.0〜2.0くらいで調整)
且つ
ダンプダクト面積(cu)≦ホーン開口面積(cu)×0.5

・ダンプダクト長=10cm(0〜20cmで調整)
10cmを基準にしてカットアンドトライで最適値を探ります。


■ダンプダクト・サイズでの特性変化(聴感イメージです)
上記グラフのような特性変化をイメージしながら調整すると効率良く作業でき、最適値も見つけやすいと思います。


■ダンプダクト・バックロード(DD-BH)製作時の注意点
当サイト内で紹介しているダンプダクト・バックロードホーンを無改造で製作する際は、上図の三項目を出来る限り守ってください。
特に「折り返し部のR加工」でのホーン部の容積減少が多い場合、ダンプダクトの動作ポイントが変動する可能性があるので要注意。



HOME